インセムのコラム

WEBマーケティング、eコマース、SEO対策、リスティング広告、MEO、
WEB制作のノウハウ、その他盛りだくさんの情報をお届け。
WEBマーケティング、eコマース、SEO対策、リスティング広告、MEO、 WEB制作のノウハウその他盛りだくさんの情報をお届け。

クリクリクリスマス☆彡

どーも!WEBマーケティング担当Sです。

すっかり季節はクリスマスシーズン…
彼女もいないのでSNSで寂しさを紛らわす毎日です(-ω-)/

さてさて本日はインスタグラムを活用した
『インスタグラム キャンペーン』のお話です☆彡

年越し前の一大イベントといえばクリスマス。
この時期になると、プレゼントなどで製品を購入する消費者や、
クリスマス当日の過ごし方の情報を探すオンラインユーザーが増加します。
注目度の高いクリスマス期間中は企業がマーケティングに活用する絶好のチャンス☆

企業としてキャンペーンをうまく活用することで、
知名度アップはもちろん♪販促にもばっちり繋がってきますよ(*´ω`)

現在、日本のInstagramユーザーは約2,900万人と言われています。
Instagramのユーザー数は年々増加傾向にあり、
プラットフォームとしての価値が向上しています。

女性20代~30代だけでなく男性の20代~30代はもちろん、
40代、50代の利用者も増えており、
Instagramの投稿をきっかけに購買行動を起こすユーザーも常に上昇傾向にあります。

ユーザー投稿をキャンペーン参加の条件にすると、
自社に関する画像やコメントが集まりますが、
Instagramは特に高品質な画像が集まりやすい傾向があります↑

もともとクオリティの高い画像が投稿されているプラットフォームなので、
一般ユーザーであっても想像以上に優れたコンテンツを投稿してくれることがあります。

キャンペーンの作り方にもよりますが、
集まった画像を広告に使用したり、
リグラム(Repost)したりなどもできるので、
自社で素材の作成するコストを抑えられます。

フォロワーに対して何らかの形でキャンペーンに応募してもらい、
当選者にはプレゼントを送るという手法が一番オーソドックスなキャンペーン事例になります。

応募方法はアカウントによって様々ですが、
ハッシュタグを用いるか応募用ページに誘導するかの2パターンが多く見受けられます。

気軽に応募できるうえにプレゼントもあるので、
応募も集まりやすそうです。
さらにわかりやすいハッシュタグをつけることで、ユーザー間の拡散も狙えます。

皆様いかがですか?
このクリスマスシーズンを利用して、
自社のブランディングをインスタグラムキャンペーンに組み込んでみませんか?

(僕はこのクリスマスに恋愛戦略を組み込んでみたいと思います謎)

続きを読む

ページトップへ