インセムのコラム

WEBマーケティング、eコマース、SEO対策、リスティング広告、MEO、
WEB制作のノウハウ、その他盛りだくさんの情報をお届け。
WEBマーケティング、eコマース、SEO対策、リスティング広告、MEO、 WEB制作のノウハウその他盛りだくさんの情報をお届け。

クリクリクリスマス☆彡

どーも!WEBマーケティング担当Sです。

すっかり季節はクリスマスシーズン…
彼女もいないのでSNSで寂しさを紛らわす毎日です(-ω-)/

さてさて本日はインスタグラムを活用した
『インスタグラム キャンペーン』のお話です☆彡

年越し前の一大イベントといえばクリスマス。
この時期になると、プレゼントなどで製品を購入する消費者や、
クリスマス当日の過ごし方の情報を探すオンラインユーザーが増加します。
注目度の高いクリスマス期間中は企業がマーケティングに活用する絶好のチャンス☆

企業としてキャンペーンをうまく活用することで、
知名度アップはもちろん♪販促にもばっちり繋がってきますよ(*´ω`)

現在、日本のInstagramユーザーは約2,900万人と言われています。
Instagramのユーザー数は年々増加傾向にあり、
プラットフォームとしての価値が向上しています。

女性20代~30代だけでなく男性の20代~30代はもちろん、
40代、50代の利用者も増えており、
Instagramの投稿をきっかけに購買行動を起こすユーザーも常に上昇傾向にあります。

ユーザー投稿をキャンペーン参加の条件にすると、
自社に関する画像やコメントが集まりますが、
Instagramは特に高品質な画像が集まりやすい傾向があります↑

もともとクオリティの高い画像が投稿されているプラットフォームなので、
一般ユーザーであっても想像以上に優れたコンテンツを投稿してくれることがあります。

キャンペーンの作り方にもよりますが、
集まった画像を広告に使用したり、
リグラム(Repost)したりなどもできるので、
自社で素材の作成するコストを抑えられます。

フォロワーに対して何らかの形でキャンペーンに応募してもらい、
当選者にはプレゼントを送るという手法が一番オーソドックスなキャンペーン事例になります。

応募方法はアカウントによって様々ですが、
ハッシュタグを用いるか応募用ページに誘導するかの2パターンが多く見受けられます。

気軽に応募できるうえにプレゼントもあるので、
応募も集まりやすそうです。
さらにわかりやすいハッシュタグをつけることで、ユーザー間の拡散も狙えます。

皆様いかがですか?
このクリスマスシーズンを利用して、
自社のブランディングをインスタグラムキャンペーンに組み込んでみませんか?

(僕はこのクリスマスに恋愛戦略を組み込んでみたいと思います謎)

続きを読む

WEBマーケティングInstagramを始めるにあたって

みんながコラムを放置している事を嘆くWEBマーケティング担当Dです。
WEBマーケティング担当A やるやる詐欺・・・
WEBマーケティング担当K やらないやらない愚痴・・・
WEBマーケティング担当M あ~Σ(゚Д゚;)って顔だけ・・・
WEBマーケティング担当Y 僕やってますよー!(´・ω・`)
じゃいは麻雀強いし・・・


前回、Instagramは絶対にWEBマーケティングのカギになる!
InstagramWEBマーケティングコラムで書いたので、
Instagramってどんな感じなのか調べてみました。


Instagramの人気No.1は誰だかご存知ですか?

キャプチャ11Instagramのフォロワー数ランキング
User Local, Inc.データ参照

国内No.1は女芸人の渡辺直美さん。フォロワー数360万人
モデル風な雰囲気をかもし出した写真が人気な様です。
TOP10まで見ていくと、モデルさんや女優さんが多く、
ファッション・コーディネートの参考にしているみたいですね。

5位は柴犬のまる。フォロワー数250万人
TVでインスタで人気の笑った顔が愛くるしい犬って紹介されていました。
(動物と赤ちゃんは癒されるっていいますもんね)
赤ちゃん用ファッションブランドとかがインスタ始めて、
参加者投稿をしてもらえたら良さそうですね。

惜しくもTOP10には入っていませんが、
関西芸人の小藪さんもフォロワー数130万人と多くのファンを獲得しています。
まるでジョジョで出てきそうなポーズの”カズニョロポーズ”というものを発信し続け、
あのミランダカーがインスタでカズニョロポーズを披露していると話題になっていましたね。
※全部TVからの情報源ですがwww
(そのTVも最近はWEB上からの情報を放送しているだけって噂もありますが・・・)


ディズニーでもフォロワー数は50万人

うーん、信じがたい数字が出ました。
ディズニーリゾートなんかは写真を投稿してもらいやすいアミューズメントだと思っていたのですが・・・
フォロワー数とは、また考え方が違うのかもしれませんね。
(昔はブログのフォロワーを集める為にフォローしてフォローしてもらうみたいなのが当たり前でしたけど)
→2015年8月28日にInstagramを始めたようです。

#東京ディズニーランド
投稿505,144

フォロワー数以上に投稿は上がっている様です。

Facebookやtwitterの様な共有する項目が無いので拡散性が無く、
フォロワーやいいねを集めづらいのかもしれませんね。


だからこそ、

ピンポイント#ハッシュタグ

「#ハッシュタグ」で検索される訳なので、分母が大きすぎるキーワードだと埋もれる。
これはSEOと似ている匂いがプンプンしてきました!
ニッチキーワードをピンポイントで突く、
”ピンポイント#ハッシュタグキーワード”を如何に見つけ出せるかが重要そうですね。
Instagramを、
まだまだWEBマーケティングに活かせている企業は少なそうだという事だけがわかりました。

来年、ピンポイント#ハッシュタグが流行っていれば僕の勝ちという事で。
seeyou

 

続きを読む

絶対来る!WEBマーケティングInstagram

ども、カップラーメン大好きWEBマーケティング担当Dです。
外食の際はつけ麺派ですが何か?

絶対来る!WEBマーケティングInstagram

と、大きな声で言ってみましたが、Instagramってどう使うの?なWEBマーケティング担当Dです。
ただ、最近の10代は特にInstagramで検索らしいです。
※20代前半は特にtwitter検索(過去記事参照

前回記事でもとりあげましたが、通常検索(GoogleやYahoo!)と肩を並べる、もしくはそれ以上にtwitterやInstagramでの検索が普段使いされています。
検索のされ方が変わってきた?ググるって古いって言われましたけど・・・

つまり、これからの世代にアプローチしたい場合はSNS(twitterやInstagram)は必須!
特にInstagramは伸び率が半端ない状況だという事。

なぜ、Instagramなのか?

写真大好き日本人!

子供の思い出を残す為の写真を親が撮影
誕生、日常(特に初めてシリーズ)、入園式、七五三、遠足、卒業式、etc
遠足などはカメラ屋さんが撮ってくれて、学校の壁に貼りだされて購入するパターンでしたね(好きな子とさりげなく一緒に写っている写真を隠れて購入するっていうあるある)

自分たちの思い出を残す為に写真撮影
林間学校、修学旅行、旅行、etc
インスタントカメラを修学旅行に持っていって、窓越しにインスタントカメラを叩いてフラッシュ合戦をした記憶があります(フラッシュを上手く出すコツとかあって下手な人は撮った写真が現像した時にボケちゃってるっていうあるある)

そんな写真好きな日本人がスマホという神器を持った事により、フィルムの枚数を気にすることなく、どこでも写真が撮り放題!(インスタントカメラ24枚撮りで撮影していて、最後の方の一番撮っておきたい写真をフィルムが足らず撮れずに悔しがるっていうあるある)

でも、よく考えてみたら、
Facebookやtwitterでも写真あげれるじゃん!

そうなんです!そこがSNSをフル活用すべきポイントなんです。
Instagramは写真に特化させている為、Instagramで上げた写真に一言添えてtwitterとFacebookに連動。
こうする事で各SNSの長所を活かし・短所を補う事ができるというメリットが。
※写真にハッシュタグを付ける事が重要です(#インスタントラーメン)←こんなの


各SNSの使い方

・Instagramは拡散性は無いので、#ハッシュタグを付けてもらい巻き込み型のキャンペーン
東京ディズニーランドなどのテーマパーク系やスターバックスの様な飲食系はすでに行っていますね。

・twitterは自然検索にも対応しているので、文字数と#ハッシュタグを利用し拡散

・Facebookは繋がりからの拡散


また、みなさんがお好きなSEO対策上、SNSとの連動は極めて重要だと付け加えておきます。

続きを読む

イベント集客WEBマーケティング

ハロウィンイベント in カワイイモンスターカフェ

KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU (カワイイ モンスター カフェ)とは
新しいTOKYOのファッションやカルチャー(オリジナルの文化)を生み出してきた原宿に、
新たなスポットとして誕生したカフェレストラン?です。
※きゃりーぱみゅぱみゅを生んだと言われるアートディレクターの増田セバスチャンプロデュースのお店です。

名前にカフェって入っているからってカフェだと思っていかない事をオススメします。
カフェって名前に付いちゃってるから食べログでの評価は低いです。
(2015年11/4現在 食べログ3.01)
※食べログは点数よりも口コミ重視でチェック!
ランチやティータイムはTVでも異色カフェとして取り上げられていますねw
中央でメリーゴーランド回ってるし。

ただ、ディナータイムは通常営業もしているようですが・・・
ハロウィンはDJがパフォーマンスをするイベントで盛り上がっていました!
(インスタグラム風写真↓)
映画泥棒仮装


 

 

 

 

 

 

ハロウィン当日は、店内を動き回れないほどの大混雑。
それでも、映画泥棒の仮装をした自分とパトランプを光らせた後輩でメリーゴーランドの周りをぐるぐる。

すると、
「一緒に写真撮ってくださ~い」
という黄色い声が!
(実際は音楽で声はほぼ聞こえず、肩ポンポンされたりジェスチャーだったけど)

写真50枚はお願いされた気がする。
仮装をするとモテるんだなー・・・しみじみ

ハロウィンイベントはナンパ成功率が劇的にUP!

同じ目的をもった(いわゆる共通点)者同士だからという事らしいです。
(TVでメンタリストのDAIGOが言っていました)

知ってか知らずか、会社の後輩Aの友達がハロウィンパーティーでナンパに成功したと聞いています。
(なんで声掛けてくれなかったんだーーー!心の叫びが漏れちゃってますけど気にしないでください)

あ、このままだと

イベントナンパ講座になってしまう!!Σ(゚Д゚)


ん?

そのまま続けてくれ?

・・・・

 

イベント開催当日も
WEBマーケティングを仕掛けろ!
SNSでの写真拡散が当日の集客に役立つ!

最近はInstagramなど写真を手軽に上げて共有する事が出来るので、
イベント事などSNSで拡散してもらう事で、当日の集客にも大きな影響が出ています。

スマホ×SNSを制した者が〇〇を制す!

例)飲食店の場合

お店側からすれば、料理を作って提供だけではなく、
・写真を撮りたくなる料理の提供。
・美味しく撮ってもらえる料理の提供。
・写真の取りやすい環境づくり。
・写真を撮って投稿してもらえる環境づくり。

と、

今までのWEB媒体に頼るだけの広告宣伝手法ではないSNSの活用術が求められています。

やみくもにFacebookで上げてね。twitterでつぶやいて!インスタで投稿しよー。
って言われて上げたくなりますか?って事です。
(1ドリンクサービスって言われてもね・・・結構、そういうお店見かけます)

お客様心理を紐解く事って重要です!従業員心理も忘れちゃいけませんよ。

SNSも時代と共に進化しているので、場面によっての使い分け。
自分達がそういう困ったお客様のお手伝いをしていけるWEBマーケティング会社でありたいと思っています。

続きを読む

ページトップへ